【簡単 無料ですぐできる】 CodePenで作ったソースコードをWordPressに埋め込むやり方



サイト制作に関するブログなどに、htmlやcss、jsのコードを埋め込んで、その場で動きを確認できるようにしたい場合、「CodePen」を使うと便利です。

今すぐ使える方法、流れをご紹介します。

wordpressプラグイン 「CodePen Embedded Pens Shortcode」をインストール


CodePenをwordpressに埋め込むのに利用するプラグインがあります。

「CodePen Embedded Pens Shortcode」です。

まずはこのプラグインをご自身のワードプレスにインストールして有効化します。

インストールすると、設定ができるのですが、特にいじる必要はありません。



とりあえず、wordpress側の準備はこれだけでOK。

CodePenで、wordpressに貼り付けるショートコードを取得するまでの流れ

CodePen公式サイトにアクセス

まずはCodePenのサイトに行きましょう。

CodePen 公式サイトへ





会員登録をしていない方は、画面右上の「Sign Up」を選択して、登録に進みます。

CodePen 会員登録




↑こちらが登録画面。一瞬、”有料なの?”って思ってしまいますが、無料会員登録も用意されてます。

よく見ると、「Join CodePen Free」っていうボタンが用意されてます。これを選択しましょう。



で、↑ここから会員登録すればOKです。

有料と無料の違いは、こちらのサイトに詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。



個人のブログに貼り付けるような使い方であれば、無料版で十分だと思います。

CodePenで、コードを書く


会員登録して、ログインの状態になったら、早速コードを書いてみましょう。

画面右上の「Create」をクリックします。




↑「New Pen」を選択します。




表示された画面で、↑こんな感じで、htmlやcss、jsを書きます。
デフォルトだとこの画面デザインですが、右上の「ChangeView」というボタンからレイアウトを変えたりすることもできます。

ソースコードを保存して、wordpress用のショートコードを取得する。


ソースコードがかけたら、上にある「Save」を押して保存します。


※この画面は、一度保存した後のキャプチャなので、若干ボタンの配置が違うかもです。


そうすると、小さいのですが、画面右下に、「Embed」というボタンが表示されます。



こちらを選択すると、



こんな感じの画面が表示されます。画面下部にある、「WordPress Shortcode」タブを選択すると、wordpressに貼り付ける用のショートコードが表示されます。こちらをコピーします。

wordpressにショートコードを貼り付ける


あとは、取得したコードをWordpressの記事文中に貼り付けるだけ。
試しに、私が作ったコードを貼り付けて見ると、


See the Pen yomOMx by yukifujinami (@yfujifuji) on CodePen.0



って感じで、バッチリできました!!

あわせて読みたい