「All in One SEO Pack」ですぐにできるSEO対策 「noindex」を設定しよう

ワードプレスを使ったオウンドメディア(個人ブログなどを含む)の運用がある程度安定してくると、サイトへのアクセスを増やすためのSEO対策に少しずつ手を入れたくなってくると思います。

SEO対策には、本当に色々な要素がありますし、どれが本当に正解なのかは分かりません。

ただ、世界中の人たちが検索ロボットたちと戦ってきた経験と、Googleが発表しているコメントなどをもとに、おそらくこの取り組みが重要なはずだという点が予測され、各サイトがそのための対策を講じているわけですね。

たくさん存在する「SEO対策」において、初心者でもすぐに取り組めることの一つに「noindex」設定があります。
今回はその解説と、wordpressでの簡単な設定方法について、ご紹介します。

noindex って何?

「noindex」とは、htmlのmetaタグに記述します。

<meta name="robots" content="noindex">

”no”+”index”なので、「このページはインデックスしないでね」ということをコンピューターに伝える役割を持ちます。

IT用語の「インデックス」は、様々シーンで色々な意味を持つものですが、SEOにおけるインデックスは、ざっくりいうと「検索エンジンが検索結果として表示させやすいようにデータベースに記録した情報」と言えます。

つまり「noindex」は、それをしないということになるので、検索エンジンに記録させないようにするってことです。

初心者には「?」ですよね。検索で引っかかるようにしたいのに、なぜ「noindex」が重要になるのでしょうか。

noindex の設定はなぜ重要?

ではその理由です。

Googleウェブマスター向け公式ブログに、こんな記事があります。下記抜粋です。

サイトに対する Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。

なお、低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。

良質なサイトをどう評価しているかについては、上記の公式サイトを確認いただきたいですが、ざっくりいえば、「検索から情報を得たいユーザーにとって、ほとんどコンテンツとしての意味をなさない(サイト構成上必要であっても)ページがあったら、そのサイト全体評価が下がるかもよ」みたいな話です。

悪意を持って意味のないページを作る人はいないと思いますが、たとえば、

  • カテゴリーページ
  • 月別アーカイブページ
  • タグページ
  • その他、内容の薄いページ

などが挙げられます。
これらのページのmetaタグに

<meta name="robots" content="noindex">

を設定すればよいのです。

WordPressプラグインでnoindexを設定する

さて、WordPressでサイト運営をしている場合、noindex設定が簡単にできるプラグインがあります。

それは、「All in One SEO Pack」です。

WordPressを使っている人は、ほとんど入れているかもしれません。

ただ、意外と「noindex」設定を知らず、SEO的に勿体無い状態になっている、wordpressで構築したサイトもあります。

「All in One SEO Pack」でのnoindex設定をご紹介します。

プラグインをインストール、有効化したら、

「All in One SEO Pack」の「一般設定」を開きます。

一般設定の下の方に、

このように、Noindex設定というものがあります。ここに、noindexにしたいページの種類にチェックを入れれば、自動でmetaタグが入るようになっています。

経験上、下記にチェックを入れれば良いと思います。

  • カテゴリーをnoindexにする
  • 日付別アーカイブに noindex を使用
  • 投稿者アーカイブに noindex を適用
  • タグをnoindexにする
  • 検索ページに noindex を使用
  • 404 ページに noindex を使用

まとめ

SEO対策は、何が正解かわかりません。
ただ、少なくても、「良質なコンテンツ」であることが第一条件であることは明らかです。

「良質なコンテンツ」とコンピューターに認識してもらうためには、検索ユーザー側にとって、意義が薄いページは検索ロボットに、検索対象外にしたほうがよく、そのために、「noindex」設定があります。

誰にでもできるSEO対策、「noindex」設定をしっかり行って、良質なコンテンツ、サイト運営をしていきましょう!

あわせて読みたい