一人ぼっちでGitによるバージョン管理をするなら無料で非公開リポジトリが作れる「Bitbucket」がおすすめ

一人ぼっちなのに、Gitは必要なのか

システム開発やWeb制作の現場では、もはや使えないなんて言ったら冷たくあしらわれてしまう、Git。

今まさに、Webやアプリケーション開発を学び始めようとしている人でも「git」という単語は耳にしたことがあるはず。

「聞いたことあるけどよくわからない」という方は、ぜひこちらのサイトを一読することをお勧めしたいです。

サルでもわかるGit入門

gitはバージョン管理を分散型で行えるので、チームで開発する場合に、ものすごく便利に使える。

ただそうなると、独学で開発を学ぶ段階では不要なのでは、、、と思ってしまうが、決してそうではない。

自分で開発、またはWeb制作を進めていくうちに、一人でも効率的にバージョン管理、履歴が欲しくなる。

一人ぼっちなので、gitなんて使わなくても、、と思ってしまうが、近い将来、チーム開発現場に足を踏み入れるであろうことを考えると、「一人分散型バージョン管理」だとしても、gitに慣れ親しんでおくことに損はないはず。

一人ぼっちのリモートリボジトリをどうするか

Gitではチームで共有するリモートのリポジトリ(プロジェクトやプロダクトの塊。ソースコード群)を元に、各作業者が自分のパソコン(ローカル)で開発を進める。

一人ぼっちなら、リモートなんていらないわけだが、それではGitになれなくて良いことになってしまうので、、、一人ぼっちでもリモートリポジトリを作りましょう。

Gitのリモートリポジトリを行いやすくするサービスで最も有名なのが、「Git Hub」。

しかしこのサービスには、問題があります。

それは、無料で使うには、リポジトリを「公開」せねばならぬこと。

独学で勉強のために使用するのに、それを公開にせねばならないのは、街中を裸で闊歩するくらい恥ずかしかったりしますよね。

とはいえ、有料でつかうにはちょっとな、、と。

そんな一人ぼっち開発初心者を助けてくれる「Bitbucket」

そう、そんな羞恥心に打ちひしがれそうな時に、そっと手を差し伸べてくれるのが、「Bitbucket」です。

基本的には、「GitHub」と同じと言って良いと思います。

Atlassianという会社が現在開発してくれているサービスです。
開発者向けのサービスをたくさん生み出してくれてますね。
私は「HipChat」なんかも使ったりしています。

さて、一人ぼっち開発初心者に嬉しいのは、「無料」で「非公開」リポジトリを無制限に作れること。
アカウントは5人まで無料なので、一人ぼっちなら、どんだけ使っても無料です。

使い方は別のサイトにゆだねます。。
結構バージョンアップしている中、あまり最新の記事が見当たらないのですが、十分に理解し、使える状態になると思います。

GitHubとBitbucketの比較:Webデザイナーの業務にはBitbucketが向いている

Atlassianは、「SourceTree」というツールも作っています。これは、ローカルのGitを操作しやすくするクライアントツールです。
もちろん、SourceTreeとBitbucketをつなぐことが簡単にできるので、この2つのツールを無料で使いこなして、一人ぼっちバージョン管理をしていけばよいです。

Gitクライアントツール[SourceTree]&Bitbucketリモートリポジトリ作成

SourceTreeでSSH鍵(キー)を作成し、Bitbucketとつなぐ

これで慣れていけば、いざチームによる開発現場にいって、GitやGitHubを使うことになったとしても、難なく入っていけるはず。

さぁ、今日も一人ぼっちで、Bitbucketにプッシュしよう。

あわせて読みたい