macでローカル開発環境を構築してWordPressをうごかすために役立つサイト

稼働中のサイトをリニューアルしたいとき、本番で動いているものいじるのは無理があります。

そんなときは、「開発環境」というものを構築して、制作して行くのが世の常です。

私が、macでローカル開発環境を作ってWordpressを回せるようにするときに、激烈参考にさせていただいたサイトをご紹介します。

そもそも「ローカル開発環境」ってなんだ?

簡単に言えば、自分のパソコン内で、あたかもインターネットに接続されているサーバーが動いている状況のことです。
全然簡単ではないですね。。

もっと柔らかく言えば、Wordpressなどを運用する際には、レンタルサーバーやVPSなど借りたり、利用したりして、自分のサーバーを作り、そこにwordpressをインストールして、インターネット上で公開できるようにしていると思います。

それと同じことを自分のパソコン内でやってしまおうというのが、ローカル開発環境です。

macでwordpressのローカル開発環境を作るんだったら、MAMPが良い

macでローカル開発環境を構築する場合、いろんなツールがあります。

「Vagrant」と「VitualBox」で構築するのが有名ですね。

ドットインストールで詳しく理解できます。
」ローカル開発環境の構築 [macOS編]」

でも、結構容量食われて、PCがウィーン、ウィーン言い始めたり、ターミナルを使ってコマンドを叩いたりするので、初心者にはとっつきづらい点があります。

私も苦労しました。サーバーを立ち上げるのも面倒だし。。

もうちょっと手軽で、Wordpressとか簡単にインストールしたり相性良かったりするのないかなーと探してであったのが、「MAMP」です。

MAMPのインストール手順、Wordpressの設定手順はこのサイトを見よう

「MAMP」でWordpressのローカル開発環境構築方法は、検索するとたくさん出てきます。

結構いろんなものを見まくって、一番わかりやすかったのが、このページでした。

上から順番に辿っていけば、難なくインストールできます。記事がスッキリしているので見やすいです。

開発環境で構築したページをスマホからもテストしたいときに参考にすべきサイト

ローカル開発環境で構築を進めていき、ある程度出来上がったら、スマホでの見え方を実機で検証するタイミング出てくると思います。

インターネットで公開しているサーバーではないので、別の端末からローカル開発環境サーバーにアクセスすることなんてできるのかしら、、、と思いますが、そのやり方をわかりやすく解説しているサイトがあります。

前提となる設定からとてもわかりやすく整理してくださってます。

まとめ

サイトを紹介するっていう、だいぶサボった記事になりましたが、それだけ優良なコンテンツであったため、掲載させていただきました。
初心者の方が、「果たしてどれを見れば良いのかしら」って迷ったときに、お役に立てれば幸いです。

あわせて読みたい